ブランドストーリー | 結婚指輪のパイロットブライダル

ブランドストーリー

変わらぬ輝き、それは、二人のはじまり

ブランドストリー

神聖な鐘の音がチャペルに鳴り響き
待ち望んでいた瞬間が訪れる
天空から降り注ぐ聖なる光 聖歌隊の歌声
パイプオルガンの音色
まるで演奏会のように感動的な祝福に包まれて
私たちは永遠の愛を誓った
これまでになかった輝きを指元にまとって

Pilot Bridal
~パイロットブライダル~

それは長い道のりを一緒に歩む
二人のはじまりの証

ヒストリー

パイロットは1918年、ペン先に用いる貴金属特殊合金イリドスミンの製球・溶接に成功し、初めて純国産万年筆を製造いたしました。
その後、貴金属特殊合金の製造技術や高度な加工技術など、世界的万年筆メーカーとして磨きぬかれた技術を駆使し、新しい素材と斬新な製品を次々に世に送りだしてきました。

1972年 長年培った貴金属の加工、加飾技術を基に18金及びシームレスリング゙を業界に先駆けて開発。
1973年 貴金属・宝飾品の製造・販売開始。
1974年 日本では、例のない100分の1mmレベルの精密鋳造技術を導入。
1984年 日本のメーカーとして初めてミラーボールを開発しアクセサリーを販売開始。
1997年 純プラチナ(Pt999)硬質新素材UHP<ウルトラ・ハード・プラチナ>を発表(特許取得)。
2007年 高硬度で粘りのある純プラチナ(Pt999)新素材、FHP<フレキシブル・ハード・プラチナ>を発表(特許取得)。
2012年 オリジナルブランド「Pilot Bridal」販売開始。

多くのお客様にパイロットの宝飾品が、愛されている理由。
それは、卓越された技術に裏打ちされた自社一貫生産・販売体制にあります。
お客様の評価をダイレクトに受け止め、新しいニーズをいち早くとらえることにより、よりすばらしい製品を開発する。このような姿勢を守り続け、自信と誇りをもって信頼の輝きをお届けします。